アコードワゴンのキー交換後の初期設定

1995年式 ホンダ・アコードワゴン 型式:CE1 エンジン型式:F22B 走行距離:58,000km

key_accord

イグニッションキーのカバーが外れる

ユーザーから「イグニッションキーを抜こうとしたら、キーのカバー部が外れてしまったので、新しいキーを取り寄せてほしい。」との連絡があった。

取り寄せてくれと言われても、キーはそれぞれ異なりますよ。と言うと、「新車を買ったときにディーラーのセールスマンに、もしキーを無くしたり、壊したりしたとしても、キーに刻印されているキーナンバーを言えば部品として入りますよ」と言われたそうだ。

部品商に問い合わせて、値段を調べてみると約1万円程度。そのことをユーザーに説明すると、「セロハンテープで修理して使うよ。」と言われた。

しかし、それから1ヶ月ほどして「セロテープで貼っていたのだが、テープの接着剤だけが溶け出して汚いので、やはり取り寄せてほしい。」と連絡があった。

キーは内蔵電池の一体型で充電式?

部品を注文すると2週間ほどで入荷した。取扱説明書と一緒にビニール袋で梱包されていた。ユーザーに連絡してから、そのリモコンキーを持って行った。

ユーザー宅に着いて壊れた方のキーを見せてもらったが、驚くことにそのキーは電池が交換できるタイプのものではなく、内蔵電池の一体型だった。

どうして壊れたのか?ユーザーとの話の中から、おそらく他の鍵と一緒にキーホルダーに付けて使っているうちに、根元の信号発信用の発光ダイオードあたり圧着されていたカバーが経年劣化のせいで割れて外れたのだろうと思われる。それに、キーを抜く時は外れる方に力がかかるため、余計に外れやすいのだろうとも考えられた。

ユーザーに「一体ものだったら内蔵電池が上がったら電池交換できませんね。」と言うと、キーシリンダーに差し込むと走行中に充電するタイプらしいと教えてもらった。確かに、キーをよく見ると、キーの両端に2本の金具が着いており、そこから本体の方に配線が取り込まれている。

おそらく、キーの溝側がマイナスで、その脇側がプラスになっていると思えるが、わずかの隙間しかないし、キーシリンダー側はどう工作されているか不思議に思ってしまった。そして、キーの根元をよく見ると、言われたとおりシリアルナンバーが打刻してあった。試しにリモコンを操作してみたが、充電されていないので使えない。さらに、ドア及び意義にっしょんきーシリンダに差し込んでみると、正常に動作する。

当然と言えば当然なのだが、もし逆に悪用されればキーのシリアルナンバーを控えられ、そのまま注文して容易に手に入れられれば、そのまま盗難につながりかねないのではないかと危惧してしまった。

イグニッションキーの初期設定

2〜3日後ユーザーから「しばらく充電したけど、リモコンが効かない」と連絡があった。こういったものにはたいがい初期設定があるのかもしれないと思い、ディーラーに問い合わせてみると、やはり初期設定しないと動かないということだった。

トランスミッタ初期設定の書き込み方法が記載されているマニュアルをコピーしてもらい、ユーザー宅でユーザーに手伝ってもらいながら設定した。マニュアルにも“2人で”作業を行うこと”と記されているが、操作手順上5〜15秒以内に設定しようとすると、確実に手が3本いるので、到底一人では不可能である。

便利になればなるほど複雑になり、それが何かの不具合を起こせば、修理するのにお金と時間がかかってしまうのは致し方ないのは、現代の車でもあまり変わりは無いようである。

トランスミッタ初期設定の方法(2人で作業を行う)
  1. ドライバ側キーシリンダに意義にっしょんキーを差し込み、解除側に回した状態を作業完了まで保持する。
    • 以下5秒以上15秒以内に次の作業を行うこと
  2. ドアロックスイッチを解除側に押し上げて、次の作業が完了するまでにその状態を保持する。
    • 以下5秒以上15秒以内に次の作業を行うこと
  3.  室内のレシーバーに向けてトランスミッタのボタンを押し、ドアロックアクチュエータの作動音を確認する。
    • 以下10秒以内に次の作業を行うこと
  4.  ドアロックスイッチを施錠側に押し下げたまま、次の作業が完了するまで保持する。
    • 以下5秒以上15秒以内に次の作業を行うこと
  5. 室内のレシーバに向けてトランスミッタのボタンを押し、ドアロックアクチュエータの作動音を確認する。
  6. キーシリンダに差し込んだイグニッションキーを元に戻して書き込みを終了する。

 

 

key_accord

key_accord

key_accord

  • 複数個のトランスミッタを設定する場合には10秒以内に”2”の作業から繰り返す。
  • ”1”〜”5”の作業がクリアできなかった場合は、”1”からやり直す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です