ダイハツ・ミラ KF-VEエンジンセンサーについて

平成18年式 ダイハツ・ミラ 型式:DBA-L275S エンジン型式:KF-VE ミッション型式:C0B-B1型CVT 走行距離:2,646km

自動車センサの働きは、何らかの入力を検知して、動作を行うアクチュエータに信号を送ることである。従って、センサのトラブルは、入力を正しく検知していないか、信号を正しく送れていないかの2通りしかない。

ダイハツ・ミラ(エンジン型式:KF-VE)のクルマに使われているセンサがどのような信号を出してアクチュエータを作動させているのかを実際に測定した結果とオシロスコープで観測した波形などを紹介する。

図1にKV-VE型エンジンのデバイス配置図を示し、図2にエンジンDLCコネクタの端子図を示し、図3にエンジンコントロールユニット(ECU)の端子配列図を示す。

図1:KF-VEエンジンのデバイス配置図



エンジン調整

点火時期・アイドリング回転数の点検

図2:KF-VEエンジンのDLCコネクタ

タイミングライトは接続用コネクタにクランプする。エンジン回転計も同様に第1点火コイルのワイヤーハーネスにクランプする。その後図2に示すDLCコネクタのEFI-T〜E端子間を短絡させる。そのときの点火時期基準値は10±2°BTDC/850〜100rpmである。(NまたはDポジション。調整不可。)

暖機後のエンジンアイドリング回転数を確認する。基準値は900+100,-50rpmである。

自己診断(ダイアグノーシス)

従来のエンジンチェックランプによる読み取りができる。IGスイッチONの状態で、DLCのEFI-T〜E端子間を短絡すると、コンビネーションメーター内のエンジンチェックランプが点滅して、異常コードを番号が小さな順に繰り返して表示する。

ダイアグノーシスコードの消去は、IGスイッチをLOCKし、EFIヒューズ(15A)を取り外して60秒経過ヒューズを接続すればOKである。

センサ信号出力波形

以下に、実際のセンサのオシロスコープによる波形を紹介する。なお()内の数字はエンジンコントロールユニット(ECU)の端子番号になる。

図3:KF-VEエンジンのエンジンコントロールユニット(ECU)端子図

エンジン回転センサ・カム角センサ

エンジン回転センサN+信号(59),N-信号(128)/ カム角センサN2+信号(58),N-信号(127)いずれもマグネットタイプである。

[実測値]

  • エンジン回転センサN+信号
    • アイドリング時:1.25V
    • 2500rpm時:2.02V
  • カム角センサN2+信号
    • アイドリング時:0.85V
    • 2500rpm時:2.10V

アイドリング時のカム角センサー信号(上)とエンジン回転センサー(下)の出力波形

2500rpm時のカム角センサー信号(上)とエンジン回転センサー(下)の出力波形

吸気管圧力センサPIM信号

吸気管圧力センサPIM信号(52)

[実測値]

  • 吸入空気量PIM
    • アイドリング時:1.90V
    • 2000rpm時:1.61V
    • 4000rpm時:1.50V
スロットルポジションセンサVTH信号

スロットルポジションセンサVTH信号(53)

[実測値]

  • スロットルポジションセンサVTH信号
    • 全閉:0.58V
    • 全開:3.95V

IG OFFからON→スロットル全閉→スロットル全開→IG OFF時のスロットルセンサの出力波形

フロントO2センサ・リアO2センサ

フロントO2センサOX1信号(123)/リアO2センサOX2信号(18)のアイドリング時と2000rpm時の出力波形

アイドリング時のフロントO2センサOX1信号(上)とリアO2センサ信号(下)

2000rpm時のフロントO2センサOX1信号(上)とリアO2センサ信号(下)

アクチュエータ(制御系統)

燃料噴射(フューエルインジェクタ)制御

燃料噴射(フューエルインジェクタ)制御#10(24),#20(23),#30(22):噴射方式は全気筒同時噴射(クランキング時と加速時)、始動後はシーケンシャル噴射(始動後)。インジェクタの駆動方式は電圧制御式である。

[実測値]

  • クランキング時噴射時間:5.00msec
  • アイドリング時噴射時間:2.97msec 作動電圧:14.1V
  • 3000rpm時噴射時間:1.99msec 作動電圧:13.9V

アイドリング時のインジェクタ#10の出力信号(上)とインジェクタ#30の出力信号(下)の波形

5000rpm時のインジェクタ#10の出力信号(上)とインジェクタ#30の出力信号(下)の波形

点火時期(イグナイタ)制御

点火時期(イグナイタ)制御IG1(63),IG2(62),TG3(61):配電方式はダイレクト式(パワートラ内蔵IGコイル)である。

アイドリング時の点火コイル#1IG1信号(上)と点火コイル#3出力IG3信号(下)の波形

アイドリング時のエンジン回転センサN+信号(上)と点火コイル#1出力IG1信号(下)の波形

イオン電流燃焼制御システム

イオン電流燃焼制御システムICMB1(51), ICMB2(50), ICMB3(49)

アイドリング時の点火コイル#1出力IG1信号(上)とイオン出力#1 ICBM1信号(下)の出力波形

アイドル回転数制御

アイドル回転数制御IACALo信号(66), IACABHi信号(67), IACBLo信号(68), IACBHi信号(69):ステッパモーター式である。

IG ON→クランキング→アイドリングと変化させたときのステッパモーターIACALo信号(上)とIACAHi信号(下)の出力波形

可変バルブタイミングシステム

可変バルブタイミングシステムQCV+信号(26)・QCV-信号(25)

アイドリング時のオイルコントロールバルブOCV+信号(上)とOCV-信号(下)の出力波形

フューエルポンプ制御

フューエルポンプ制御FC2信号(28)

IG ON→クランキング→アイドリング→IG OFFと変化させたときのIG SW信号(上)とFC2信号(下)の出力波形を示す

CVT制御プライマリ回転センサ

CVT制御プライマリ回転センサNIN信号(B35)・セカンダリ回転センサNOI信号(B34)

車速5km/時のCVTNIN信号(上)とNOI信号(下)の出力波形

車速5km/時の変速制御電磁バルブ1と同じく2(下)の出力波形を示す。




 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です